Z

家族の健康管理から医療資格者との橋渡し役まで

×

ヘルスケアプランナー検定の 練習問題に挑戦!!

練習問題のレベルを選択

ホームヘルスケアプランナー

ヘルスケアプランナー

ごうかくしゃのこえ合格者の声

  • 受験者の声

    小島 洋子さん / 柔道整復師

    ヘルスケアプランナー検定

    「幅広い知識で患者さんの信頼を得ることができる」

現在のお仕事内容を教えてください。

整骨院で柔道整復師として患者さんの治療を行っています。本来の基本的な業務としては怪我の治療ですが、場所柄怪我の予防であったり肩こりや腰痛を訴える方も多くいらっしゃいます。それらの症状が姿勢からくるものなのか生活習慣からなのか何か病気が絡んでいるのか、原因を推測する必要があるので、ヘルスケアプランナーの知識が役に立っています。

試験を受けられたのはいつ頃ですか。

15年ほど前です。当時セラピストを養成するスクールを経営していたこともあって、そのご縁で第1回目のヘルスケアプランナー検定を開催するという話をお聞きし、受験しました。

検定の教本も新しくなりました。

教本が変わってもう一度勉強したくなりました。前よりも内容が詳しくなっていますね。身近な病気に関することなど、前はさらっと書かれていたことがしっかりと出ています。新しい教本を読んでみて、もう一度テストを受けたら受からないかも……という不安を感じました(笑)。

資格習得で苦労した点はありますか?

人体の部分の名称など、ベースとなる知識はあったので勉強はしやすかったです。特に苦労した点はなかったのですが、病気の症例に関する部分と、検査に関すること、数値の見方などについてはじっくりと見直しました。あと、「資格をもっているのに点数がとれなかったらどうしよう」という自分なりのプレッシャーはありましたね(笑)。

実際の試験はいかがでしたか?

教本を軽く読み直す程度で試験に臨みました。教本を見ながら試験を受けることができたので安心でした。当日はざっと問題を解いていって、わからないところは飛ばしてそこだけ教本で調べて、という感じでした。

また、会場に行かなくてもネットで受験することができるのがよかったですね。私は職場で仕事の合間に受けました。わざわざ時間を割いて出かける必要がないので楽でした。

現在の仕事にどう活かされていますか?

当然、体のことを専門としているので活かされています。患者さんからの質問に答えるときには、栄養学であったり、介護のことであったりと幅広い知識が必要になってくるんです。基本的な事を知っていることによって、患者さんの信頼を得ることができる。そういう意味で勉強した知識が役に立っていますね。資格を持っている人間でも常に勉強はしているのですけれども、忘れてしまうこともあります。介護保険などはまた違った分野ですので、新しく勉強が必要です。また、検査の数値については最低限の知識がないと、患者さんの相談に応じることができません。柔道整復師は、ドクターのようにレントゲンをとって診断できる立場ではないので、幅広い範囲で可能性を探ることが必要です。生活習慣も含めて疾患などについてのアドバイスをしなくてはいけません。だからこそ幅広い知識が必要であるということは実感しますね。

ヘルスケアプランナーの資格を取得してよかったことは何ですか?

柔道整復師の専門は基本的には骨筋レベルなので、病気に関することはさらっとしか学んでいないんです。そういう部分をもう一度復習をするという意味では、勉強する価値があったと思います。また、ヘルスケアプランナーという資格があることによって患者さんにも安心感をもっていただけますし、信頼関係にもつながってくると思います。

戻る